若手研究者を対象とした科研費研究種目の採択件数に基づく研究支援効果の検証

前回の論文「東邦大学の研究力の定量評価ならびにリサーチ・アドミニストレーター(URA)配置による研究支援効果」に引き続き、科研費応募支援に関する研究を行いました。私立大学医学部(31校)の科研費「若手研究」の採択件数の推移を調べ、採択件数増加をもたらした要因を調べたものです。その結果を論文として、「東邦医学会雑誌」(東邦大学リポジトリ)に投稿中なので概要のみを紹介します。

論文タイトル:若手研究者を対象とした科研費研究種目の採択件数に基づく研究支援効果の検証

抄録
背景 大学が研究活動を行うためには外部資金の獲得が重要であり、多くの大学が科研費応募者への支援を行っているが、その支援効果を検証した報告はほとんどない。そこで、科研費採択件数を増加させた大学およびその時期を同定し、研究支援施策との関連性を検証する。
対象/方法 私立大学31校の医学部に関して、科研費データベースから若手研究の採択件数を取得し、区間線形近似により採択数増加の起始点となる年度を同定した。次に、大学の公開情報に記載されている支援活動との関連性を検討した。
結果 採択件数を増加させたほとんどの大学において、増加開始の起点となった時期に、研究支援組織の強化や申請書添削等の具体的な施策が実施されていた。また、研究支援施策の多い大学群と少ない大学群との間で、科研費採択件数の増加率に差を認めた。
結論 大学による組織的な研究支援活動は、若手研究者の外部資金獲得に効果的である。

キーワード:URA 科研費 研究支援 若手研究 リサーチ・アドミニストレータ-

この論文の本文は日本語ですが、概要のみ英語版も付いています。

Evaluation of research support activities based on the number of the awarded grants-in-aid for scientific research (KAKENHI)

Abstract
Background: Research support services are offered to faculty members in universities for their successful extramural funding. However, there has been little evidence for its effectiveness. Here we examine the relationship between increase in rewarded grants and the research support activities underlying the successful grant proposal.
Methods: Research grant data of 31 private universities with medical school were obtained from KAKEN database and analyzed. Disclosed information such as annual reports on the university websites were explored to identify the newly introduced research support activities that could explain the increase in grants awarded.
Results: Newly implemented research support activities were detected in most of the universities approximately concurrent to the increase in research grants. The amount of research support activities also correlated with the successful granting.
Conclusion: Institutional support by universities helps young researchers to succeed in extramural funding.

Keywords: KAKENHI, University research administrator, URA, research support, extramural funding

タイトルとURLをコピーしました