ura

URA関連論文、URA資料など

令和(2019年~)

URAが活躍するための原動力と機能~URAの定着に向けて改めて問う~ 文部科学省 研究大学強化促進事業シンポジウム 2022年2月25日 NAIST(YOUTUBE動画 3:46:08 この動画は再生できません)

大学の研究力の現状: インプット・アウトプットからプロセスまで 2022年 文部科学省 2月18日 第14回政策研究レビューセミナー科学技術・学術政策研究所科学技術予測・政策基盤調査研究センター基盤調査研究グループ 伊神正貫

令和2年度 大学等における産学連携等実施状況について  文部科学省 様式10(リサーチ・アドミニストレーター)(令和4年2月10日更新) (Excel:256KB)  *全国の大学のURA雇用状況がエクセルファイルに纏められている。

第6期科学技術・イノベーション基本計画に関する 調査・分析等の委託 最終報告書 2022年2 (第6期科学技術・イノベーション基本計画に関する調査・分析等の委託(2021年度)MRI三菱総合研究所)  3(PDF形式:1,584KB)(URA人数の推移など) URA配置数の推移 令和元年1507177機関 URAを配置したことによる効果 外部研究資金の獲得額が増加した 78% 

大学ファクトブック2021「組織」対「組織」の本格的産学連携の拡大に向けて 令和3年9月2日 一般社団法人 日本経済団体連合会 経済産業省 文部科学省 210902_cover_setsumei_r3.pdf How to Read ⼤学別ファクトシートの⾒⽅ 掲載項⽬ ⑤ その他の体制整備・「URA」、「各種規程類の整備状況」、「クロスアポイントメントの実績」については、「⼤学等における産学連携等の実施状況調査」の回答を記載。

リサーチ・アドミニストレーター等のマネジメント人材に係る質保証制度の実施について(PDF) 令和3年10月科学技術・学術政策局人材政策推進室長29日人材政策課三輪善英 文部科学省

西川 開, 黒木 優太郎, 伊神 正貫 科学研究のベンチマーキング2021 -論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況,NISTEP RESEARCH MATERIAL,No. 312,文部科学省科学技術・学術政策研究所. DOI: http:s//doi.org/10.15108/rm312

https://www8.cao.go.jp/cstp/kihonkeikaku/6data/2021report08.pdf 

大学を強くする「大学経営改革」[92] URA制度の現状と課題を通して大学における高度専門職について考える 吉武博通 公立大学法人首都大学東京 理事 リクルート進学総研 202105 、山野(2016)は、米国のRAの役割は、日本の大学では事務部門の職員が担う役割との類似性が高く、日本のURAは、近年、米国の大学で組織の設置や専門職の配置が進むRDと同類の役割を担っているとの見方を示している。 ‥ 筆者が在籍した東京都立大学でも当初の混乱を乗り越え、2021年3月現在、多様な専門性を有する10名のURAが、研究IR・情報提供、外部資金獲得支援、研究プロジェクトの形成支援、研究広報支援、企業等とのマッチング、知的財産管理・活用と実用化・事業化に向けた支援など、大学の研究活動をトータルにサポートしており、必要不可欠な機能として学内外で高い評価と信頼を得るに至っている。

NISTEP 大学・公的機関名辞書 ver2021.1 

NISTEP DISCUSSION PAPER No.179 大学における研究推進支援人材が 外部研究資金獲得に与える影響 Estimations of the Impact of Research Administrators in Universities on Research Fund Raising Activities 2020 年3月 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 第2研究グループ 古澤 陽子 枝村 一磨 吉岡(小林)徹 高橋 真木子 隅藏 康一 大学における産学官連携活動や外部研究資金獲得状況、研究推進支援人材の配置状況等に関するオリジナルのパネルデータセットを構築し、産学官連携コーディネーターとリサーチ・アドミニストレーター(以下、URA)を研究推進支援人材として、それら人材の有無・人数と、獲得した外部研究資金の金額・契約件数との因果関係を定量的に分析した ‥ 科研費の獲得についても、産学官連携コーディネーターやURAの配置が正の効果を示した。しかし、配置人数による影響についてはURAの場合のみ正の効果を示した。 

大学ファクトブック2020 掲載している大学対象:平成29年度・30年度において特許出願・活用実績等のある大学国立大学82校公立大学65校私立大学291校(計438校

URAの経験の多様性が生む大学発ベンチャーに関する実証研究 経営情報学会 2020年 2018年の日本国内の大学401校のデータを利用した。その結果、URAの数や前職の多様性、長期雇用者の割合、研修制度が大学発ベンチャー数に正の影響があることを実証した。

平成(~平成30年/2018年)

高橋真木子・古澤陽子・枝村一磨・隅藏康一 日本のアカデミアにおける研究推進・活用人材-競合から協働へと向かう産学官連携コーディネーターとURA-,GRIPS DISCUSSION PAPER, No.18-11, Tokyo.DOI: http://doi.org/10.24545/00001639 2018年10月 

2010年代

私立・立命館大学におけるURAについて-事務改革の旗頭としたい! 2016年3月6日 立命館大学 研究部 事務部長 産学官連携戦略本部 副本部長 野口義文

私大の研究力強化への新たな取り組みⅡ」2015.9.2 リサーチ・アドミニストレーター協議会第1回年次大会

リサーチ・アドミニストレーターの質保証に資する認定制度の導入に向けた論点整理 (PDF) 平成30年9月リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会

[YOUTUBE] Connecting to Waiting Patient: Research Administration Dashboard 2018/10/24 I’ve been working as a research administrator at the University of Virginia for 20 years.

大学ファクトブック2018 

経営層から見たURA URAを目指すかの将来像と課題~文部科学省委託調査研究を踏まえて~2017年8月29日 科学・安全事業本部主任研究員山野宏太郎 RA協議会第3回年次大会 セッションB3 URA定着に向け、私達はどのようなRAを目指すか

URAシステム強化に向けた諸課題に関する調査 報告書 (PDF) 2017年3月 MRI株式会社三菱総合研究所 本報告書は、文部科学省の平成28年度科学技術人材養成等委託事業による委託業務として、株式会社三菱総合研究所が実施した平成28年度「URAシステム強化に向けた諸課題に関する調査」の成果を取りまとめたものです。

平成28年9月2日 RA協議会第2回年次大会 URAの評価とキャリアパス(人事制度)文部科学省が毎年度実施している『産学連携等実施状況調査』 文部科学省が三菱総合研究所(株)に調査を委託した『リサーチ・アドミニストレーター業務の自立的運営に向けた調査・分析』

Shambrook, Jennifer; Roberts, Thomas J.; Triscari, Robert. Research Administrator Salary: Association with Education, Experience, Credentials and Gender Journal of Research Administration, v42 n2 p87-99 Fall 2011 The 2010 Research Administrators Stress Perception Survey (2010 RASPerS) collected data from 1,131 research administrators on salary, years experience, educational level, Certified Research Administrator (CRA) status, and gender. Using these data, comparisons were made to show how salary levels are associated with each of these variables. Using both descriptive and inferential statistics, salary levels were examined by creating numeric values. These data show that graduate degrees, five or more years experience, and male gender are positively associated with higher research administrator salaries, while CRA credentials, associate and bachelor degrees, and two to five years work experience are not.

Shambrook, Jennifer; Roberts, Thomas J. Research. 2010 Profile of a Research Administrator Management Review, v18 n1 p19-30 Spr-Sum 2011 要旨 This paper expands upon the seminal work of Roberts and House, which described the first empirical study of the demographic profile of a research administrator. The original work was based upon data from the 2005 Research Administrator Survey (RAS), a regional study of research administrators in the southeastern United States. In this paper, nationwide demographic data from the 2010 Research Administrators stress Perception Survey (RASPerS) are compared to the 2005 RAS data. These comparisons revealed that the general profile of a research administrator continues to be overwhelmingly female (80.1%), holding a higher education degree (88.7%), and aged 40-49 years (31.9%). The 2010 data showed an extremely significant difference in the modal salary level, which increased from $50,000 to $74,999 (40.0%).

Loreta Tauginienė. The Roles of a research administrator at a university. Viešoji politika ir administravimas. 2009, Nr. 30, p. 45-56. ISSN 1648-2603. 要旨 

2000年代

[書籍] Research Administration and Management. Elliott C. Kulakowski and Lynne U. Chronister. 2008. リサーチアドミニストレーションとリサーチマネジメントの教科書。

1970年代

[書籍] Management of Research in US Universities. Raymond Woodrow. 1978. ISBN-13 ‏ : ‎ 978-0915164059

The Role of the Academic Administrator in Research Professors’ Satisfaction and Productivity. William F. Glueck, Cary D. Thorp First Published January 1, 1974 Research Article https://doi.org/10.1177/0013161X7401000106 Educational Administration Quarterly (impact factor 4.000)the behavior of research administrators (46 department chairmen and six research center directors) influenced positively the satisfaction of their researchers (252 research professors, University of Missouri-Columbia)

A STUDY IN ROLE CONFLICT: THE ROLE OF THE UNIVERSITY RESEARCH ADMINISTRATOR. MENDELSOHN, ROBERT DAVID. Western Michigan University ProQuest Dissertations Publishing,  1971.

1960年代

Norman Kaplan. Research Administration and the Administrator: U.S.S.R. and U.S. Administrative Science Quarterly Administrative Science Quarterly Vol. 6, No. 1 (Jun., 1961), pp. 51-72 (22 pages) https://doi.org/10.2307/2390740. The Soviet administrator’s function is restricted to “pure execution of policy“; he is paid less and accorded less prestige than the scientists and is expected to have training and background in bookkeeping and not science. 

1950年代

The Role of the Research Administrator Norman Kaplan Administrative Science Quarterly Vol. 4, No. 1 (Jun., 1959), pp. 20-42 (23 pages)

Howard Baumgartel. Leadership Style as a Variable in Research Administration Administrative Science Quarterly Vol. 2, No. 3 (Dec., 1957), pp. 344-360 (17 pages) https://doi.org/10.2307/2391003

akiraをフォローする
Fish Thought
タイトルとURLをコピーしました